スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パームレス石けん

DSCN1233.jpg
コードが写ってしまったぁぁー

この間ぐるぐるした石けんです。
右はピンククレイで模様を入れてみました。
こっち、翌朝見たらジェル化してて模様そのままに半透明になってました!!
左はクリーム色+黄色+グリーンの3層カラーにしてみた。
こちらは透明になった感じがないのでジェル化はしていないと思います。


石けんを作るときに重要なのは使うオイル。
○○○オイルっていうものはたくさん世の中にありますが、一つ一つ個性があります。

よく使うオリーブオイルは肌に近いオレイン酸が多く石けんにするとしっとりします。
パームは石けんに硬さを持たせるために加える。
ココナツは硬さと泡立ちの良さをUPさせるために加えます。
グレープシードオイルは(ブドウの種)のオイルですが、単独で石けんにすると傷みやすく
洗い上がりが超さっぱりしたものになり、単独での使用は難しいので私はオリーブオイルと混ぜることで
洗い上がりの良さとクリーミーな泡立ちを作っています。
ゴマ油(白いゴマ油の方です)なんて単独だと淡いピンク色になってすごくきれいなんですよ!
だけどこれもグレープと一緒で洗い上がりがさっぱりしてしまう。

などなどです。

これまで手作り石けんのバイブルといわれる(私だけ?)前田京子さんの本を読み倒して石けんのレシピを考えてきました。
この本ではココナツには肌によくない成分があるので上限は20%にしておくのがいいとされています。

今日、これを覆す理論を書いているブログを発見し、バイトに行かなきゃいけないのにぎりぎりまで読んでました。
詳しいことを書くとあまりにわけがわからない内容になるので単刀直入に言うと…

*ココナツの成分で肌によくないと思われていた成分は現在精製過程で取り去られており、肌に及ぼす影響は少ないと思われる

*ココナツにばかり目が行っていたが、パームにも肌に影響を与える成分があるのではないか?
現にパームレス石けんを使ったら粉吹き肌がなくなった。

私は構成成分まで詳しく調べて作ってないので、ここまで細かくなると頭がこんがらがってくるんですが、

とりあえずパームを使わない石けんを作ってみようと思いました。
こんなにつらつらと書いてて結果はそれだけです。

読んでくれた方ありがとう。

テーマ:手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

だんだん深く深く入ってきたね。今に白衣を着て研究し始めるな・・・・・きっと。ニヤリ

このままさらに良いのができるのを期待してますw

ミリわんさん

趣味の小部屋が欲しいです…w
爆発寸前?

学生時代は白衣を着てましたが、Sサイズは取り寄せなので小柄の後輩にあげてきました~。

まさ。くん

頑張りますよー。

パームレスを考えてみたけど、同じような働きをしてくれるオイルやバターに換えるとかなりコストがUPしてしまうことが分かりましたwww
レスもいいけど、減らす方向にしようかと考えてます。

あと馬油で有名なところ知ってる?
ソンバーユ以外で!
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
毎日毎日話しかけておしゃべりするようになりました。
もうすぐ一歳のセキセイです。
耳元で歌詞を間違えドングリコロコロをご機嫌よく音痴に歌ってくれます♪
おかしくて、笑わずにはいられないという、癒しの青い鳥です☆

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ウィンドウショッピング♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。