スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったー!

ついに、ついに、ついに!!
漢方専門医の病院を見つけました!!
一年半探しましたよ~。

もともと5年前くらいから漢方を愛飲(笑)しています。
習慣づいている体質があるので、止めてしまうと少しずつそれが出てきて
また体調が不安定になったりしてました。

最近は食欲もなくて何も食べなくてもさほど影響はないからいいかなって思ってたんです。
でも影響はあるみたいです。
本やネットで調べたところ、気虚じゃないかとおもっていて、専門医に相談したかったので、本当に見つかってよかった。

市内の比較的評判のよい婦人科の病院に行って相談しているんですが、
専門的な症状を見て処方するわけではないため、やっぱり薬が足りないんです。
ちなみにもらっているのは温経湯(冷え症に効く漢方薬の一つとしてよく用いられる)、
とても相性が良くて、もっと早く飲み始めたかったと思うほど、お尻の下から温かくなってきます。
他にも処方してほしい薬があるけれど(病院で扱っていれば処方できますと言われている)、
専門外の先生に「」も見てもらわず、ポンと処方されるのって診察の意味がないと思うんです。
どうして今飲んでいる薬に上乗せしなくてはいけないのか、先生が理解していないからです。
たぶん処方する先生もいい気分はしないと思いますよね。
(最初に受診した時に飲んでいた市販の漢方液と同じ漢方+温経湯を処方すると言ってきたので、一つ断っているのです。いやな顔をされましたよ~。)

すごく偉そうなことを言いましたが、十人十色、人には体質があります。

東洋医学はその人の体の中で少し弱いかな?と思う機能を補うために漢方薬を使います。
(免疫力が弱ければそれを補う薬を、胃腸が弱ければそれを補う薬を、という感じです)

西洋医学は体内に入った病気のもとを倒すために薬を使います。

基本的なアプローチが異なってます。

前者はその人の脈や体質など「」というものをみたうえで、たくさんの薬の中から必要なものを選びます。
(「証」が関係ない漢方もあります…)
後者は特に体質には関係ありませんが、副作用として出てくる場合があります。
(あ、漢方にも副作用はもちろんあります)

温経湯で私の冷えは補うことができましたが、
食欲もない、胃腸の調子が芳しくないことなどについて補ってもらわなくてはいけないみたいなです。

テーマ:最近のお気に入り - ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ひとまず良かったね。自分の身体は自分で守る!そうでしょ?

大学時代に漢方薬の研究をしたことがあります。
「証」によって色々な生薬を配合して個人用の漢方薬を調合しても、結局現存する処方に行き当たり、漢方薬の完成度に驚きました。
生薬単体を考えても、増強するための生薬を配合したり、強過ぎる効果を抑える生薬を配合したりされていて、それぞれ必要な配合がちゃんとなされています。

副作用の考え方は、今不必要な作用はすべて副作用と考えます。
「咳を止める」と言う作用も今、咳が無いなら副作用になります。

自分にあった薬が見つかると良いですね。

探していた病院が見つかって、よかったですね~!
漢方についてはなにもわからないのですが、興味あります。
私は気虚(今、ググって見ました)ではなさそうですが、冷え性なんですよねえ。

西洋医学には疑問があるのであまり医者にはかかっていません。
私の場合はホメオパシーをちょっとかじっています。
でも、自分の冷え性はなかなか治せない。
だって、白砂糖が身体を冷やすなんて・・!
砂糖の無い生活は考えられません。。

今後も、漢方の記事を参考にさせていただきますのでアップしてねん。

ミリわんさん

そうですね~。自己管理って大切です。
でも自分でもわかってないところや、長年の癖などはなかなか治せないものです。
人のアドバイスも大切だなって思います。

べーやんさん

ベーやンさんっていったい何学部だったんですか?

私は高校の時に初めてせんじ薬を処方してもらって飲んだんですが、なかなか長続きしなくて…
その後西洋医学に疑問を持つことが起きて病院へは疎遠になりました。縁あって漢方医を紹介してもらいそれからはずっと漢方や民間療法を当てにして生活してます。

ちゃんと見てもらえるところが見つかって本当によかったです。
今飲んでいる薬もあっているのか、聞いてこようと思います。
ありがとうございます。

SENさん

すごく簡単に書いてあるところなんですが、
証はここで調べてみてください
http://www.kamponavi.com/library/index.html

ここでは証にあった薬が紹介してあるんですが、
これだけで判断するのはちょっと違うような気がしているので、
自分に合うと言われた薬をここで調べてみてください。
http://www.sm-sun.com/family/syoho001/index.htm

クリックして「適応症」というところを読むと細かい症状まで出ています。

私の場合、冷え症の漢方を色々と探したんですが、「唇が渇く、全体的に乾燥している」というのが温経湯に書いてあり、これだ!!って思ったんです。
専門的に書いているところ以外では、こんなことは書いてない場合がほとんどです。


>私の場合はホメオパシーをちょっとかじっています。

ホメオパシーは初めて知ったものなんですが…
ワクチンのようなものなんでしょうか?

漢方と一緒に取ることができるかどうかは専門家でないと判断できないと思うので、
相談なさってからのほうがいいと思います。

砂糖はホメオパシーに必要みたいですね。
白糖は摂りすぎると冷えになるので、ホメオパシーの分は大丈夫だと思うんですが、
自宅で料理などに使うものは黒糖にしてはどうでしょうか?
ミネラル分も豊富なので白糖よりいいと思います。
味も濃いので使う量も減りますよ。

いらない広告が出てますが、体を温める、冷やす食べ物の表です。
http://www.hotkindly.com/hieshou.shokuzaiichiran.html

参考までに。

漢方の記事、かけるといいんですが…きちんとしたことがいえないので、民間療法の紹介になってしまうと思うんですが、
何か紹介できるか探してみますねー。

プロフィール

ユキ

Author:ユキ
毎日毎日話しかけておしゃべりするようになりました。
もうすぐ一歳のセキセイです。
耳元で歌詞を間違えドングリコロコロをご機嫌よく音痴に歌ってくれます♪
おかしくて、笑わずにはいられないという、癒しの青い鳥です☆

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ウィンドウショッピング♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。