スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚めるオフタルモ、近況

リピダム090807

確実に休眠開けしてるオフタルモフィルム・デビウム。
クリックすると大きくなるので、ボディーの質感なんか見てやってください。

去年いただいたのですが、花も咲いてくれたし、今年はちょっと太めになって貫禄が出てきました♪
後ろにもう一ついますがその子はほんの少しだけ頭を見せて休眠中です。
オフタルモは現在コノフィツムですがやはり少し気の使い方が違うように思います。
秋になったら仕入れた種をまきますwww

オフタ090807

購入から2年目で分頭してくれました☆
こちらも開けちゃってる感じですね~。
そんなにお水はあげてないんだけれど。

オフタルモは水分をたっぷりと含んでいるので、水をあげると徒長します。
そして二重脱皮という恐ろしい状況を引き起こします
この子も昨年の夏、お水をあげてないのに二重脱皮してきて、完全に人為的水やりをストップしました。
今年はその時から見えていた新しい株がちゃんと出てきてくれて修正完了。

それで、二重脱皮がなぜ怖いかというと、普通の脱皮に比べてエネルギーを消耗します。
水やりの回数を改善して対策しますが、
改善しなかった場合、時期外れの脱皮をどんどん繰り返し、どんどん小さくなって、消えます。
ハオルチアのように葉をむしってきれいにすることもできないので2~3年かかかる場合もあるようです。

オフタルモの水やりは通年通してあげるよりはあげないほうが8割いいんじゃないかと思います。
初年度は10回あげたかあげないか、それもスプーン一杯、そんなもんです。

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おお!まるで私の為のような記事!
今、もっとも知りたいことが書いてある!
ありがとうございます~(TT)

そうなんです。
オフタルモの徒長と二重脱皮ってどういうこと?と思っていたのです。

なるほどですね、それはイヤです!特に二重脱皮!
これは避けたいですね。

確実に開けているデビウムさん、質感が違いますね!
なんだかヌラヌラしている。
もうひとつの方も開けちゃってるっぽいのですか?
う~ん、まだ違いがわかりません。
単純に皮をかぶっているかいないかという違いだったり・・?
わーわからん。

もしかして、うちの花が咲いてない方も開けているのかしら。。

うう・・・恐い記事だ。

手を出していなくて良かったと心から思ったのであります・・・

でも、こういう情報がここで得られると皆うれしいね。

SENさん

二重脱皮、怖いですよね。
あと見た目が気に入らない徒長も。
本当はオシリちゃんだけ地面から出しておきたいんですが、うまく日照確保ができなくてこのようなお姿です…

もう一つのデビウムは、お休み中です。
休眠中も日照確保するためにちょっとだけ皮を破るように水分を与えて成長させて、そこでとどめておくというにくたま屋さんの手法があって、真似してみたんですが、
今年は湿気が多くてコノフィツムも全体的に予想よりも皮を破ってしまってますw
オフタルモも予想外に目覚めちゃってる感じです。


以下、私の休眠に関する考えです、環境の違いもあるので、参考程度になさってくださいね。

基本的に休眠は活動が停止している状態なので、完全に皮をかぶってお休み中です。
ボディも成長期に比べて1/3くらいにしぼんでいます。
このまま秋までそっとしておいてあげるのが通説です。

いつもどおりに水をあげると動く(休眠開けになってしまう)ので、ほんの、ほんの少しだけあげて完全断水をしません。

このときに皮を破った新葉が出た場合、新葉にしわがよっていたら休眠してると思ってます。
新芽が結構顔を出してしまった株についてはその後お水はあげません。
たぶんこのまま緩やかな断水を続けてもそのたびに葉が成長してくると思われるからです。
(このときに遮光してでも太陽に当てたほうがいいようですor日陰で管理しても全く問題ないです)

で、SENさんのお宅のオフタルモですが、休眠開けというよりは休眠してないんではないかと??
買った時期に皮をかぶっていたわけではないんですよね?

コノフィツムよりはちょっと早い休眠入りと休眠開けらしいので、特に心配することはないと思います。
秋以降たっぷりと太陽をあげて、来年の夏までに新葉を育ててください。
内部が育っていれば休眠して、夏を乗り越えられます!
がんばって!!!

ミリわんさん

怖いですよね~。
溶けた子を発見した時の衝撃も怖いです。
心臓辺りが痛い…

できるだけ情報交換したいんですが、
皆様環境が違うので何とも試行錯誤されているようです。
参考になればと思って日記にしてます。

私はにくたま屋さんのデータやたくさんコノフィツムやオフタルモを育てている方のブログを参考にしてきましたが、自分の地域の環境に置き換えて考えるようにしているので、昨年は「後でどう出るか待ち」でした。
今年はこの地域の環境も変わったので、溶ける個体が増えてしまいました。

水やりさえ気を使えばメセン系はイケます!
北海道は梅雨がなく夏の気温が恐ろしく上がることが少ないようなので私の理論上では大丈夫なんじゃないかなーと思います。
成長期の冬に日照確保がしにくいのが難点ですけれど…
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
毎日毎日話しかけておしゃべりするようになりました。
もうすぐ一歳のセキセイです。
耳元で歌詞を間違えドングリコロコロをご機嫌よく音痴に歌ってくれます♪
おかしくて、笑わずにはいられないという、癒しの青い鳥です☆

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ウィンドウショッピング♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。